睡眠の質を高める、ものすごく簡単なある方法とは?

■よくある話?

「うわー。朝だ。まだ起きたくないよぅ。もうちょっと寝てたいよー!」
と起きるたびに思っていました。

日中や夜の仕事中(学習塾なので夜まで仕事があります)も、ひどい眠気に襲われます。

もともと眠りが浅くて、夜中にちょっとしたことですぐに目が覚めるので、慢性的な睡眠不足になっていたからです。
(この記事を読まれている方の中にも、同じような状況にいる人もいらっしゃるのではないでしょうか?)

 

■こんな変化が!

そんな私が、最近は、睡眠時間を延ばしたわけではないのに、朝の目覚めが良くなり、日中も睡魔とは縁が切れたりと、睡眠の質が高くなったであろう体験をしています。

それはある簡単な方法に取り組んでいるからです。

 

■ある簡単な方法とは?

そのある簡単な方法とは、次の通りです。
『アイマスクと耳栓をして寝る』

睡眠中には、成長や代謝などに関わる何十種類ものホルモンが体内で分泌されています。
詳しくは、このあたり(↓)の記事を読んでいただくとして。

要は、寝ている間に外部からの余計な刺激がなければ、肉体は身体の回復にエネルギーを集中できる、ということです。
そのために、できれば、寝る場所では音も光もない環境を用意するとよいのですが、実際には「窓の外から街灯がカーテン越しうっすらと漏れる」や「冷蔵庫やその他家電の待期音がする」といった形で、何かしらの音や光が存在してしまいます。

そこで、アイマスクと耳栓で、それらの音や光をシャットダウンしてしまおう、という寸法です。

 

■ご心配なく!

と、こんなことを言うと、
「えー!耳とか目とかになんかつけると、煩わしい!」とか、
「大丈夫なの??目覚まし時計の音が聞こえなくなって起きれなくなるんじゃない?」とか、
気になることや心配が出てくると思います。

でも、大丈夫。

ちょっと高級(といっても1,000円強の金額)なアイマスクや、「シリコン耳栓」を使えば、煩わしさは大幅に軽減されます。
また、耳栓をつけても完全に無音になるわけではなく、さらに、ぐっすり寝て目覚めがよいので、いつものアラームが耳栓越しに小さく聞こえても、ちゃんと目が覚めます。(そして、すっきり起きられる!)

 

■選ぶときのポイント!

アイマスクについては、選ぶときのポイントは次の通りです。

  • 鼻の形に添っているもの(隙間から光が入ってこない)
  • 頭の後ろでとめられるもの(耳かけタイプは耳が痛くなりやすい)

耳栓については、気にならなければどんなタイプ(スポンジ製など)でもよいですが、個人的にはシリコン耳栓が「耳が痛くならない」「寝ている間に落ちない」でオススメです。

参考までに、私が使っているものを紹介しておきましょう。

二つとも100円均一で買うのもアリですが、高くても2,000円ですから、それで1日の3分の1を占める睡眠時間の質が向上するのですから、費用対効果は凄まじいです。

 

■最後に

大人も子どもも、睡眠の質が大事なのは変わりありません。

特に、授業中によく眠くなってしまう人。
せっかく勉強したいと思っているのに、睡魔と戦うことで授業時間が終わるなんて、なんのためにその勉強時間を確保したのか、もったいないことです。(当然、勉強もできるようにならないし。)

保護者の皆さんも生徒の皆さんも、ぜひお試しください!

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Comments

comments

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です